トーション

昨日フレックスのことを書いたから勘のいい人はトーションとくると思うだろう。


その通り。トーションとは「ねじれ強度」のことである。


一般にトーションが弱い(よくねじれる)とターンが楽だしグラトリとかにはもってこいだが、エッヂグリップは弱いのでカーヴィングバリバリという人には物足りない。


逆にトーションが強いと高速で滑るフリーライダーにうってつけだが、グラトリなど板をちょこちょこと捻る動作をするには不向きだ。


普通トーションがソフトだとフレックスもソフトで初心者向けといわれる。


トーションがソフトなのにフレックスはめっちゃハードとかいう板はあまりないし、あっても扱いにくいだろう。


ただしフレックス、トーションともにハードな板はシグネーチャーモデルなんかではよくある。


俺が以前乗ってたオプションのシグネーチャーは信じられないスピードが出たがハードすぎてものすごく疲れる板だった。


最近のカーヴィングスキーもカーヴィングするがゆえにトーションを強めに設定してるらしい。


店頭で店員さんがフレックスをたわませる光景は見たことあっても、板をねじってる店員さんは滅多にいないのでそんなに重要なものではないと思うかもしれないが、トーションはとっても重要な性能の一つだ。


FC2 Blog Ranking人気blogランキングへホムペも見てね☆
[ 2007/08/29 13:40 ] スノーボード関連 | TB(0) | CM(1)
最近アルペンボードのハイエンドモデルは、コアにメタルをサンドしているので、ハイトーション、ローフレックスだったりします。
ファイバー繊維では出せない特性が、いいらしんですが、何ゆえ高価です。
[ 2007/08/29 20:11 ] DMZ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaz

Author:kaz
骨折歴1回。
主な滑走場所:北陸、奥美濃、飛騨など。
年間滑走日数10~20日
ウイスラーの麓に永住したいフリーライダー。

FC2カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
FC2ブックマークに追加